あこがれの自費出版を成功させる方法

あこがれの自費出版への準備について

文章を書くのが好きな人であれば、本を出したいというのは当然の欲求です。しかし、大手出版社から出すというのは、あまりにも高いハードルです。公募で大賞をとるのは、宝くじ並みの狭き門です。社に直接持ち込んだとしても、相手にしてもらえるのは、ほんの一握りです。ほとんどは、ひどい言葉を投げかけられ、その場でゴミ箱に捨てられることも珍しくありません。そんな無駄な時間を費やすよりも、自分の力で出版するほうが、むしろ賢明といえます。今では、様々な方法で本を出すことが可能であり、内容も好きなように書くことができます。夢を実現する道は開かれているのですから、あとは本人の決断次第です。まずはきちんと情報を集め、最適なコースを決定することが第一歩となります。

専門の出版社を使うという選択肢

自費出版を考えるにあたって、まず問題となるのは、どこまで自分の手で行うかということです。文章そのものは自分で書くとして、内容の校正や、装丁なども考えなければなりません。それに、印刷はどうでしょうか。他人に広く見てもらいたいのであれば、販売ルートも検討するべきです。このようなことを、一から十まで知り尽くし実行できる人など、滅多にいないのが実情です。そこで、自費出版を専門とする出版社の存在が浮かび上がってきます。出版社といっても、出す本を選り好みすることはありません。あくまでユーザーの希望にそって、文章を製本してくれます。そして印刷したのちには、店頭に並べてくれるところも、多くあります。このようなところを利用すれば、煩わしい手間もなく、理想の本を出版することができます。

大手の通販サイトを活用する方法

自費出版の世界では、新しい方法も日々採用されています。その中でも簡単にできるのが、電子書籍化して、大手通販サイトで取り扱ってもらう方法です。最近では、一般流通に乗るような本だけではなく、個人の出版物も掲載してくれるようになりました。これならば、初期費用を大幅に抑えつつ、広く見てもらえるチャンスがあります。海外などでは、同様の手法で生計を立てている人もいて、大きな注目を集めています。この場合だと、校正や簡単なデザイン、そして広告活動は自分で行う必要があります。逆にいえば、そのような知識を有していれば、有効な選択肢といえます。また、値段もある程度自分で調節できますから、安く大量に売ったり、期間限定セールを行うなど、幅広い試みを行うことができます。書きたいものがある人こそ、個人で出版することを考え、実行に移していきましょう。

関西が拠点の出版社。もちろん全国対応致します。 ターゲット層は家で眠っている原稿をお持ちの方で、自費出版に関することならなんでも相談を受け付けています。 眠っている原稿を弊社の強みを活かし、低価格で、誠実に、丁寧に世の中に送り出し、最大限に著者の要望にお応えします。 企業からではなく一般の方からの自費出版をメインにフルサポートしていますので、自費出版のことならお任せください。 低コストでの自費出版が可能です